UXに関わるということ

リサーチやインタビューにはある程度専門的なスキルもあったほうが良い。
定性的な調査を行った結果の判断についても、デザイナーが感覚で行うものよりもUXの専門家や、人間中心設計の専門家が実施、判断したほうが誤判断はしにくいと思う。

但し、その場にはエンジニアやリサーチャー、マーケター、営業、デザイナー等、チームを構成するすべてのメンバーが関わっている必要があると思う。
断裂した情報だけを頼りにUXを構築してもだめで、細かいデザインや細かいUI,仕様の部分で調査のレポートには反映されなかったジャッジがたくさん紛れ込む。
それを最適なものにするためには、はじめから最後まで同じメンバー、同じチームでの実行が重要。
そういった意味で、外注のUX設計や外注のデザイン、外注の実装は失敗のリスクを高めているという認識からスタートしたほうが良い。

スケジュールや予算の都合上そうせざるを得ない場合はあるけれど、異常事態からのスタート、ということはよく把握しておくべき。
些細なUXは、ユーザーテストでキャッチできたとしてもそれを最後まで伝達するのは困難なのだから。いくら資料を用意したとしても。

Comments

comments